2018年09月12日

事務コンの囲い込み戦略

クライアントさんは、小さな港町の海苔加工会社さん。
東芝テックの事務コンを使って来て、今回新バージョンにするために再リースの見積もりをもらってます。

東芝テックの事務コンは、かつてはオフコンとして使われてた機械の、ソフトウエア版になります。

見積もりが高いので、汎用の売上管理ソフトでできないか?というご相談です。
東芝テックの販売店からは、マニュアルがあるわけでもなく、メーカーのサポート窓口の電話番号があるわけでもなく。

販売店の担当者は、データの持ち出しは一切出来ないと言っているそう。

東芝テックのサポートに問い合わせても、窓口だけでは分からず、あとで掛け直すとのこと。
できないなら、できないとすぐに連絡が欲しいのだけど。

このような囲い込み戦略は、インターネット時代のオープンな環境に慣れた我々からすると、超前時代的。

しがらみだらけの、事務コン、オフコン使ってる方々、一刻も早いタイミングで脱却しましょう。
posted by ひろけん at 09:40| Comment(0) | ITサポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。