2011年08月12日

真っ白な髪のおばあちゃん

昨日、パソコンの設定に伺ったお家には、白髪で腰の曲がった小さなおばあちゃんがいらっしゃった。
ちょっと話しているのを聞いたら東北訛りだったので、学生時代を思い出して懐かしい響きだなぁと思っていたところ、設定が終わってからテーブルで一緒にお茶飲む機会があった。

娘さんも、お孫さんも、素敵な女性で4人でお茶をしたんだけど、iPadでご実家の弘前の家を探したり、樺太に住んでいた話を聞いたり、楽しく過ごせました。

iPadのようなタブレットPCはここで大活躍でした。
4人、頭を寄せ合いながら指さして、コレコレ!あ、触っちゃった!などとワイワイと一つの画面を共有して楽しめるのはタブレットならでは。

最新のインターネットデバイスを触るおばあちゃん。
おばあちゃんの若い頃の樺太の暮らしに思いを馳せると、今とは全く生活も変わっちゃったんだろうなぁ。
と思いつつ、おばあちゃんの綺麗なお顔が孫子に伝わっているのをイイなぁと眺めつつ。

おばあちゃんも操作してたし、やっぱりタブレットPCはイイね。
posted by ひろけん at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

ネットのesta申請、気を付けて下さい

アメリカへ行く時に必要な、ESTA。
ですが、インターネットで申請しようと、「ESTA 申請」 などと検索すると、アメリカ政府の検索が一位に表示されます。

が。広告が本物っぽく表示されるので気をつけましょう。と言う記事です。

当然、検索結果の一位はアメリカ政府ですが、それより上にリスティングで広告されてるのが、ESTA認証センター、電子渡航認証システムESTA、ESTA認証はコチラ、などの文字列で、リンク先は次のようなurlです。

http://esta-usa.biz/
http://esta.asia/
http://esta.bz/
文字列はいずれも公的機関っぽく装っていますが、よく見ると代行サービスで、6,000円程度もかかります。
実際には$14ですから、結構な手数料が上乗せされています。

入力は面倒だし、6,000円くらいなら払ってしまうユーザーも居るでしょう。(本当に申請して居るかは解りませんが…)
こんな詐欺まがいの広告が上に掲載されていいのでしょうか、Yahoo!Japanよ。
金さえ払えば何でも載せて、広告と検索結果を判別できない情報弱者が詐欺まがいの被害に会う。
正しい検索エンジンの姿ではありません。

ユーザーは正しい情報を得る力を身につけなければいけませんね。

外務省も注意を呼びかけています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html
posted by ひろけん at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

人を動かす原理原則

社員・女性全て、人を動かすには、原理原則に従うと良いらしい。

春日井市で驚異の成長を続ける「グローバルキャスト」。
そこの、役員をやってる大池さんのお話を第五青同の銅室室会で聞くことができました。

大変わかり易かったので、まとめておく。

■原理原則とは?
原理原則と、規則・ルールとの違い。
ルールは、人が作ったもの。破ることができるし、守るのにパワーが要る。

原理原則には、重力のように、逆らえないし、逆らうにはエネルギー、時間、コストがかかる。

人や集団を規則、ルールで縛っても、原理原則に逆らってることがある。
人を思い通りに動かすには、原理原則に従うと良い。

一方、規則・ルールは、楽しむために必要なので、無くしたり、ないがしろにすることはできない。ルールが無いとゲームにならない。

■原理原則の例
原理原則には、何があるか。
一つには、「結果は、行動にもたらされるもの。」

この原理原則を分かってない社員は、成績の悪い時、外部環境のせいにしている。
分かっている社員は、行動がおかしかったから、結果が悪かった、と考える。このように考えられる社員は伸びる。

人間に備わっている能力の一つに、選択的認知、がある。これは、自分に都合の良いことを認識する能力。

頑張っても結果が出ない人は、原理原則に逆らっていることがある。
この時に気を付けるのは、次の欲求満たしているかどうか。

欲求の順番、これも原理原則。
1.生存
2.愛と所属
3.力 想い通りに周りを動かしたい。
4.自由
5.楽しみ
この数字の順番で欲を満たしてやると、自ら動いてくれるようになる。
営業マンの成績が出ない時には、5つの欲の順番でどこに問題があるのかを調べるとよい。

原理原則の一つ。モデリングの法則がある。
これは、行動=結果という原理原則から、良い結果を出してる人をマネして行動を同じくすると、同じ結果になる、というもの。

大学などで勉強だけしてきた人で、経験が無いのに、机上の知識だけがあると、屁理屈ばかり言って、行動しない。だから、結果が出ない。

体験と言葉があると、理解ができる。
理解すると、次の行動につながる。

営業マンが自分で疲弊して営業をした、という体験があった上で、営業効率や考え方などの言葉(知識)を与えると、腹に落ちて理解ができる。
理解できると、次の行動の質が変わる。

言葉×体験=理解

上手く行っていない会社は、規則・ルールで社員を縛っている。
上手く行ってる会社は、原理原則に従って社員を動かしている。

話しても相手が理解しない場合には、相手が話を聞く準備をさせないといけない。
相手が聞く準備をさせるには、5つの欲求を満してやって、感動と感謝を与えると、よい。

人は感情で動くもの。
欲求を満たしてやり、感情に訴えかければ自ずと動く。

今日もいい話が聞けた。
言うは易し、行なうは難し。

頑張っていこう。
posted by ひろけん at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする