2013年11月02日

NSAがGoogleのデータを見ていた件

アメリカ国家安全保障局(NSA)がグーグルなどの通信回線に侵入していた可能性がある、と報道されました。

Googleや米Yahoo!などがそれを承知で情報をNSAに流していたのか、それとも勝手にNSAが情報を取っていたかはわかりませんが、ちょっと嫌なニュースでした。

Googleは検索エンジンをはじめ、Gmail、Google地図、Youtubeなど様々なサービスや、スマフォのOSも提供しています。非常に多くのユーザーがGoogleのサービスを使ってインターネットをしています。

そんなGoogleのサービスはGoogleの広告に利用される事を承諾した上で、ほとんど無料で受けられるようになっています。(Facebookでもほぼ同じですね。)

今回の報道を聞いたからと言って、今直ぐGoogleのサービスを使うことを止めることはほぼ不可能です。
ただユーザーができることは、「このような可能性がある」ことを知って使うくらいでしかありません。

NSA,グーグルなどの通信回線に侵入かについて
posted by ひろけん at 16:21| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

フラットデザイン

Windows8を始め、最近のコンピュータ関連のデザインに、「フラットデザイン」というキーワードが登場しています。

フラットデザインとは、これまでのウェブデザインで使われてきたグラデーションやシャドウなどの装飾を省きデザインしたものです。
Windowsのロゴ変遷

ウェブに限らず、コンピュータやスマートフォンなどのモニタ上に現れるパーツのデザインは、これまで日常生活のボタンやスイッチを再現して、マウスを誘導して押すことを促すように設計しました。

windows-botton.png
Windows8からはボタンっぽくグラフィックに凝るのではなく、1色のミニマムなデザインになっています。

これまでの、実在のボタンを再現するグラフィックは、日常生活する上で「押す」などのアクションが分かりやすく伝わるためのもので、このお陰でクリックなどの操作がされやすかったと言えます。
ユーザーはモニタ越しのデザインに慣れ、特に実在のボタンを再現しなくても、アクションすることがユーザーに伝わるようになったことも一因かと思います。
さらに、CSS3やウェブフォントなどのブラウザ周りの進化もそれを助けているようです。

今年のグラフィックデザインはフラットデザインに注目です。
これまでのAppleのデザインと対極にあるかのような、フラットデザインですが、Windows surfaceを始めとするWindowsの逆襲、って考えるとさらに面白いですね。
posted by ひろけん at 17:02| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

宅ふぁいる便の広告率がひどい

大型ファイルの転送サービスとして、昔から使われているのに、「宅ふぁいる便」があります。
このサービスは、メール添付出来ない程度のファイルサイズを一旦サーバーにアップロードして、ダウンロード画面をメールで相手に送る、というもの。
サービスは無料で、会員になると300MBまでのファイルが扱えます。

で、相手には下のようなメールが行きます。
Image 1.png

ところが、このメールは見落としてしまうことが多くあります。
というのも、宅ふぁいる便の会員になると広告メールが来るようになってしまうのに加え、本来のデータ転送を知らせるメールもほぼ同じようなタイトルで来てしまいます。

さらに、メールをパッと開いた時の広告の率が多すぎです。(赤枠部分)
これでは、開いても広告と判断して消してしまうこともあるでしょう。

ファイル転送サービスは会員にならなくても使える、http://firestorage.jp/がオススメです。
大サイズには、http://www.gigafile.nu/v3/
こういう比較記事もあります。http://www.kooss.com/storage/

ところで・・・宅ふぁいる便のホームページの広告率もひどいw
Image 2.png
posted by ひろけん at 09:47| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする