2012年01月05日

食べログでヤラセ投稿

インターネットの人気グルメサイト、食べログがニュースになっていました。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E2E6E2E19F8DE2E6E2E3E0E2E3E09180EAE2E2E2

食べログは、閲覧者が投稿してお店の情報を共有するサイトで凄く人気があります。
ところが、一部で店が業者にクチコミ投稿を依頼していることが明らかになったそうです。

食べログの掲示版でも色々と書かれています。
http://c.tabelog.com/kinouqa/topicdtl/3534/

業者が悪いのか、店が悪いのか、分かりませんが解決するには一つしか方法が無いでしょう。

それは、ユーザーが見分ける目を持つ、ということです。

後は、食べログの存在意義にもなっちゃいますが、投稿サイトの情報が自分にとって有益かどうか、改めて考えてみる必要もあるでしょうね。
 #私も、価格.comや食べログの情報を鵜呑みにして失敗した経験がありますが(^^)
posted by ひろけん at 10:40| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

ホームページ・ブログ・FBページ

お客さまから相談を受けました。
ホームページを持っていますが、フェイスブックとブログから集客できているので、ホームページの必要性を感じない、とのことでした。

確かに、そのお客様はブログをマメに更新され、フェイスブックでも友達と交流を常に保たれているので、ホームページは直接集客に貢献していないようです。

そこで、3サイトの特徴をまとめてみます。

■フェイスブックページ
検索される、非ユーザーには情報が限定的、URLはフェイスブックのもの。
編集は比較的しやすいが、ファン同士や顧客との交流がメイン。情報の即時性があり、フェイスブックページでの賑わいがユーザーやファンをさらに呼ぶなど、CGM要素が大きい。
一方で、ナビゲーションが分かりづらい、アカウントを持ってない人には伝わらないなどの特徴もある。
一般顧客を対象にしたサービスや商売をしている方に特にオススメ。
アプリを組み込むことで様々な展開が可能となる。
フェイスブックに対しての維持費・作成は基本的に無料。
今後の発展性は無限と言っていいかと思います。

■ブログ
検索される、情報はすべて見られる、URLはブログ業者のもの(一部違います)
圧倒的にページ更新がしやすいため、コツコツと書いているブログは、ブログのトップページに相当大きなバックリンク効果がある。
コメントを受けたり、閲覧者との交流も可能。
情報は日記形式で流れていくため、古い記事は埋もれやすい。
ブログは、是非とも独自URLで活用すると良いです。SEOに対しての優位性を自分のものにできます。

■ホームページ
検索される、情報はすべて見られる、URLは独自のもの
旧来のホームページです。
完全にプル型のメディアですから、検索エンジンで検索されないと閲覧されません。
一方で情報を欲しがって検索しているユーザーにぴったり届いたら、効果がよりあります。
更新には、コストがかかり、更新した情報はユーザーまで届かないのが普通です。
独自ドメインで運用するため、インターネット上に築く地位を自分のものにできます。

簡単に書くと、
■フェイスブックページ・・・ユーザーとの交流
■ブログ・・・日常の更新メディア
■ホームページ・・・本体

でしょうか。
もちろん、3メディアとも被リンクすることも前提です。

というわけで、ホームページは、すぐ効果が出るものではありませんが、「有ったほうが良い」といえます。
従いまして、ネットの三種の神器をすべて揃えることをオススメします。
posted by ひろけん at 17:05| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

mixiを擁護してみる

なんせ、匿名。
だから、しがらみなく日記をつけられる。Facebookだと、ムカついた!とかが書きづらい。

また、出会える。
私は残念ながら結婚してますが、複数ユーザーに手当たり次第にメールを送ってネットナンパできます。

サービスが分かりやすい。
比較的、画面構成が簡単で、アップデートも頻繁ではありません。
色使いが可愛く、カスタマイズもできます。

ユーザー数が多い。
大学生には圧倒的支持を受けています。

ケータイ対応。
他のSNSよりケータイからのアクセスが圧倒的に多く、ガラパゴス化した日本のケータイ事情にぴったりです。

私としては、もうmixi止めてよ。と友だちに触れ回りたい位ですが、実際にFacebookのみになるのも困る場面も多々あるんですよね。窮屈というか。

と言うわけで、私が擁護しなくても、mixiはキチンと残るでしょうね。


posted by ひろけん at 19:56| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする