2011年02月28日

激アツfacebook、ここに気をつけましょう

周囲でFacebook熱が高まってきています。
以前には、mixi、セカンドライフ、twitterとネットの流行りがありましたが、今回のFacebookはこれまで以上ですね。

原因として、実名公開への不安がなくなった。というのが考えられます。

これは、おそらくネットリテラシの底上げによるものでしょう。
最近でもネットの犯罪は相変わらずありますが、それ以上にネットのどこに注意すれば安全か、というのがよく知られてきている気がします。

ただ、ユーザー数の爆発的な拡大は、ネットリテラシが低いまま参入することも考えられます。
ご存知の通り、Facebookはユーザー同志のつながりが魅力の一つですが、同時に相手ユーザーまたは共有ユーザーへの配慮も必要になってきます。Twitterのように流れて行くメッセージよりも慎重にポストする必要もあるでしょう。

1.仲間がどれだけネットにオープンか
場を共有している仲間のことを書く時には、その相手がどの程度オープンにしているかも確認しましょう。
その上で、公開する範囲を決めます。シェアボタンの横にある鍵マークで細かく設定出来ます。

2.外出時
家族全員で出かける旨のポストをして、住所まで公開していると、誰も家にいないことが分かってしまいます。
旅行記などは、メンバーをぼかすとか、帰って来てから書くとか、工夫する必要があるでしょう。

3.友達
Twitterのように誰彼構わず友達申請をすることは、Facebookの理念から外れます。
見知らぬ人から友達申請が来ても、友達にしない方がいいですし、ちょっと知っているだけで申請するようなことはやめましょう。

4.顔
Facebookの肝のサービスは顔があることです。これによって同姓同名も他人であることがわかります。
友達申請をする前に、本当に自分が誰だか分かるようにするのがマナーでしょう。


posted by ひろけん at 15:20| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ソフトの供給革命

iPhone、iPadのソフトは、完全にApple経由で販売されていて、App storeと言われています。
これが使いやすい。

購入もしやすいし、インストールもしやすい。
ユーザーは、気に入ったソフトのインストールボタンをクリックしてパスワードを入れるだけ。
また、開発環境も簡単に整うし、販売もApple任せで良いので簡単に。そのかわり、売り上げの3割がAppleに行くのですが、それを差し引いても開発しやすさと売れる可能性の方が魅力的です。

販売ルートがAppleのみって言うのが支配されてる感がしてちょっとイヤですが、使いやすさと安心感はありますね。

このようなサービスが広がると思います。
すでにGoogleChrome向けのストアがオープンしてますし、Mac向けのストアも。

パソコンのソフトも供給されていき、一般のソフトはパッケージ販売でなく、ダウンロード、しかも課金の仕組みが込みのストア経由となるでしょう。

ブラウザがメインとなるOSのイメージもおぼろげながら見えて来ました。
いよいよ、マイクロソフトの立場が危うい。
posted by ひろけん at 00:40| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

話題のグルーポン

グルーポンという仕組みが昨年から人気です。

これは、インターネット上でクーポン券を購入する人を集め、一定数以上になったら発行が確定して割引が受けられる、というサービスです。
掲載されるクーポンは時限式で一定時間を過ぎると消えてしまいます。

グルーポンをはじめ、多くのクーポンサイトが立ち上がり東京を中心にサービスが提供されています。

クーポンを提供する店・利用するユーザー・サイト運営者の三者の立場で考えてみます。

1.店
 【メリット】
 集客
  ・試してもらえる。(サービスが良ければ、今後のリピーターに)
  ・テストできる。
 キャッシュフローが良い
  ・前払い。(サービスを提供する前に代金がもらえる)
 大量購入を前提に準備できる
  ・仕入れ単価を下げられる

 【デメリット】
 費用
  ・運営側に広告費を払う(売上の50%!)
  ・割引をしなくてはいけない(定価の50%程度)

2.ユーザー
 【メリット】
 クーポン
  ・安くサービスが受けられる

 【デメリット】
 先払い(サービスを受けることが出来なくなる可能性もあり)
  
3.運営者
 クーポンの割引は店の負担
 高い利益率
 閲覧者と共同購入者を集める必要がある

グルーポンが大成功したおかげで、現在はあちこちにクーポンサイトが乱立しているようです。
78%が塩分

これまでのインターネットサービスとは違い、店に足を運ばなくてはいけないので、地域性が重要になります。東京で成功したビジネスモデルを地方に持って行ってもある程度の成功が見込めます。
※名古屋では、zip-fmがジッポンとして立ち上げようとしています。(1月19日オープン予定)また、
なごぽんは不正アクセスがあったようで現在は中止しているようです。(1月8日現在)

ユーザーに取ってメリットが大きいサービスですから、利用するのはオススメです。
が、デメリットにある、「サービスを受けることが出来なくなる可能性もあり」に注意が必要です。

例えば、
 ・店が潰れる
 ・病気などになり、予約をキャンセルする

といった所でしょうか。予約を変更できるかどうかはクーポンサイトの注意書きをよく読まなくてはいけませんね。

割引率も50%とインターネットの割引は少々過激です。
店も原価がありますので、商売の仕組み上過度の期待はしない方が後々良いかもしれません。
posted by ひろけん at 10:52| Comment(0) | ネット動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする